首にできるイボの原因とケア方法について

首やデコルテが最近なんとなくザラザラとした手触りになっているという場合は、単なる乾燥だけではなく小さなイボができている場合があります。

いわゆる首イボというものですが、原因は紫外線によるお肌へのダメージや老化にともなうお肌の乾燥などが最も濃厚です。

首イボ自体は放置していても特に問題はありませんが、美容的には放置しておきたくないものだと思います。

首イボをケアするには、ヨクイニンが効果がある場合もありますからヨクイニン配合の首イボケアのクリームでスキンケアを行なったりヨクイニンのサプリメントを摂取してみるというのも試す価値はあるでしょう。

ですが、そういったものでも効果が出ない場合は、やはり美容皮膚科などで首イボを除去してもらうのが良いかもしれません。

首イボの除去の治療方法は数が少なければハサミで切り取ってしまうのが確実のようですが、量が多い場合はレーザー治療などの他に、モノノクロ酢酸塗布や硝酸銀塗布などの選択肢があるので、まずは医師と相談の上、最前の治療法を選ぶことになります。

ただ首イボの場合は治療を行なっても繰り返し再発することも多いので、一度の治療ではなく複数回の通院が必要なこともよくあるようです。

首イボを予防するには

人間は年齢を重ねると新陳代謝が低下するので、古い角質が排出されにくくなります。

また、紫外線には皮膚の細胞を破壊して皮膚を硬くする働きがあるので、ある程度年齢を重ねた人が紫外線を浴びると角質が肥大化し、イボができやすくなります。

そのため、首イボを予防するためには日焼け止めをこまめに塗ったり、ストールを巻いたりして紫外線から首を守ることが大切です。

肌が乾燥しているとターンオーバーを阻害するので、古い角質がより排出されにくくなります。

また、肌が乾燥しているとバリア機能が低下するので、紫外線などの外部からの刺激に弱くなります。

また、肌のバリア機能が低下するとウイルスに感染しやすくなるので、ウイルス性のイボもできやすくなります。

そのため、首イボを予防するにはしっかりと保湿し、肌のバリア機能を高めることも大切です。

また、首イボを予防したい時はイボの予防・改善効果があるスキンケアアイテムを使うとより効果的です。

ハトムギの皮を除いた種子の部分であるヨクイニンには肌のターンオーバーを正常に整える働きがあります。

そのため、ハトムギ茶を飲んだり、ハトムギを食べたりすれば首イボの予防につながります。

また、ビタミンCやビタミンEも肌のターンオーバーを正常に整える働きがあるので、首イボを予防するにはこれらの成分を多く含む食材を積極的に食べるのも効果的です。

首イボのセルフケア方法や取り方については「首イボ取り方navi」が参考になると思います。